マンションの設備の改修を研究、実施施工しています、

豆知識NO5

画像の説明
マンション設備の 知っておくと便利かもしれない、豆知識(5)です。
詳しい内容は それぞれ検索などでしらべてください。
画像の説明

  • ウオータハンマー
    ■水槌運動による衝撃音現象、水が流れている慣性によって、管が振動し
    騒音などが 生じること。
  • 遠隔式水道メータ
    ■水道メータの数値を読むのに、それぞれの設置場所までいかなくても集中検針盤で
    読むことができる方式、ーーー>各戸検針参照
  • オーバーレイ
    ■アスファルト舗装で局部的破損やクラックがあり、破損が全面的に及ぶことが
    予想されるときなどに、舗装全面に2.5Cm以上の舗装を追加すること。
  • 汚水ポンプ
    ■汚水を排水するポンプで水中に設置されるのが多い、つまりを防ぐため
    カッターがついているものもある。
  • 蹴込み
    ■階段の立ち上がり部分、蹴込みの寸法を『蹴上げ』という。基準法で23Cm以下とする。
  • コア内蔵継手
    ■硬質塩化ビニールライニング鋼管(給水管に使用)の継手の内部にコアを
    内蔵したもので、鉄部が水と接触しないので錆びにくい。
  • コーキング材
    ■各部サッシュまわりや パネルの相互間、コンクリートの打ち継ぎなどに、
    水密や気密性をもたせるために使用する充填材。
  • シート防水
    ■高分子化合物などの耐久性、耐候性に富んだ防水布シートを接着する防水工事方法。
  • 水道用亜鉛メッキ鋼管
    ■管の内部を錆から守るため亜鉛メッキを施した管。以前は排水管などで使用されたが、
    現在ではほとんど使用されない。現在排水管で更新の問題が起きている管。
  • コンクリートの中性化
    ■コンクリートが空気中の炭酸ガス、雨水の炭酸ガス、塩類によってアルカリ性を
    失っている現象、それにより内部の鉄筋が錆びて弱体する、
  • 鉄筋露出
    ■鉄筋を守っているコンクリートのアルカリ性が年月とともに中性化して、
    鉄筋が酸化(錆)して体積膨張してコンクリートを破壊する。
  • 塗膜防水
    液体状のプラスチック系やアスファルト系の塗料を数回、塗り重ねて
    厚さ数ミリの防水層を作る工法。
  • チョーキング(白亜化)
    ■熱、紫外線、風雨などで塗装被膜が劣化して、表面が粉状になり消耗してゆくこと。
  • 白華現象(エフロレッセンス)
    ■セメントの水和反応によりできる水酸化カルシュウムが空気中の炭酸ガスと反応して
    炭酸カルシウム化し白い物質が外壁にできること。
  • 保温材
    ■給水管の防露や給湯管の保温のため、管の外側にカバーする被覆。
    ポリスチレンやグラスウールなどが使用される。
  • 防食テープ
    ■水道管などの外面保護のため、巻くテープ類。現在では地中埋設管はテープ保護にたよる工法でなく、材質そのものを腐食しない管を使用する工法が主流。
  • 防虫網
    ■受水槽や高架水槽などで、外部から虫などの進入を防ぐために設置されている
    網金具ステンレス製がおおい。古い水槽などでは弱体化している場合もあるので
    定期保守で確認が必要です。
  • 床上配管
    ■マンションなどでは コンクリート床のうえに床組の空間ができるので、
    この部分に設備配管を設置する工法。
    古いマンションでは この空間高さが十分とれてない場合があり、
    排水管の勾配不足になりやすい。
  • 水道水の水質基準
    ■水道水の管理、供給の基準、現在基準項目は46項目あり、その他に
    快適水質項目(13項目)はおいしい水にするための目標値となっている。
    詳しい項目はこちらーーー>水道水の基準項目
  • 水質基準にかかわる有害物質
    ■日本の水道行政では 水質基準に関わる有害物質として、鉛、水銀、トリクロロエチレン
    などの29項目が指定されている。米国では126項目の厳しい法規制がある。
  • 浄水器
    ■水道に含まれる様々な物質を除去する目的で フィルターで濾過するもの。そのフィルターは中空系、活性炭、逆浸透膜などが一般的、
    海外では その基準が厳しく国際衛生化学財団NSFが定める基準ではトリハロメタンや
    クロロエチレンなどの化学物質は99%以上除去などに対し
    日本の基準では 塩素を80%除去、濁度を80%以上改善する、2項目のみの基準であり
    おおきくかけはなれているのが現状である。
  • アルカリ整水器
    ■水道水に微量に含まれる、炭酸カルシウムや塩化ナトリウムを電気分解してアルカリ性の水を作る、酸性水は殺菌のために含まれる塩素を活用して塩酸水をつくるもの。
    効能はうたわれているが、実質はふくらし粉の水溶液と塩酸水をありがったっているのと
    変わりないという見解もあり。
    画像の説明
     豆知識へつづくーーー豆知識NO2 豆知識NO3 豆知識NO4マンション設備Tips(豆知識)

powered by Quick Homepage Maker 3.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional