マンションの設備の改修を研究、実施施工しています、

当社の考え

画像の説明

  • マンションの設備改修、更新についての当社の方針です。
  • 築後20年以上経過した、マンションの建築大規模修繕がおおくなりました。、
    その陰に隠れていた、設備の改修工事が クローズアップされることが多くなっております。
    マンション環境のライフラインとしての 設備の重要性が 認識されてきています。
  • 私たちは 名古屋市名東区で 建築設備工事を営む会社です。
    ここ 10年ほどまえから 古いマンションの管理組合様から
    給排水設備の修理、修繕や改修工事を依頼されることが多くなりました。
    そこから 多くのことを 学びました。そこで考えさせられたことや
    気づいたことなどを、このページでお伝えしたいとおもいました。
    皆様の改修工事の時に お手伝いの一端にでもなればとおもっています。
    古いマンションを この先何十年と維持してゆくことは 難しいことではありません。
    基本的なことを 守って改修してゆけば十分に可能なことと思います。
    画像の説明
  • はじめは その工事の内容、進め方、がわからず、
    それまでの ビルの改修や住宅修理等の方法を参考にしながら進めていました。
    しかし そこには 大きな違いがありました。 

1 毎日24時間居住している。

2  多くの居住者の共有財産である。

3  更新したら、今後何十年と維持されなくてはいけない。

  • そこで得られた手法やアイデア、古いマンションに適応した
    ベストな改修工事をおこなうための検討方法などを 述べたいとおもいます。
    きちんと 更新すれば この先何十年もの間 簡単な保守で維持することができます。
  • マンションの寿命という 長い期間(約60-80年程度)でみれば 適切な時期に
    更新工事がおこなわれることが 一番よいことです。
  • 延命措置であれば、確実にこの先10年、20年先の更新工事をしなくてはいけない。
    排水管の勾配が悪い場合は 延命措置では根本的な解決にならないケースがあります。
    器具との接続部分など在来の部品が残る場合は、結局その部品
    の不安は将来に残ります。
  • 当社のポリシー(1)はこのことです。
    延命措置より更新をおすすめします。
  • この15年で設備の材料、工法は飛躍的に進化してきています。
    最新の技術、材料、施工方法を選ぶことにより
    新しい設備に生まれ変わることが可能なら、費用対効果を含めて
    検討するべきだとおもいます。
    延命措置と更新工事についての詳しい資料はーー>調査資料、記事を ごらんください。
    また 延命工事のこのようなトラブルもあります。ーー>修繕日誌9
  • このような 解説もあります。
    団地型のマンション。排水管の更新工事と更生工事のメリット・デメリットは
  • 全ての配管を更新する、その付属品についても同時に整備、交換することにより、
    今後30数年の間、設備の寿命が確保されます。
    そして、生活環境の変化に 十分対応できる設備に生まれ変われる。
    それは 建物にとっても、良い事なのでは ないのでしょうか。
  • ーーーーーー>一括更新についての 最近の技術的傾向についての見解資料、
    週刊 ダイヤモンド誌より、
  • 改修工事のおり、壁や床をめくります。同時に
    浴槽追い焚きシステムを配管したり、その他の設備を組み込むことができます。
    当社でも このような実例が多くあります。
  • 同時に 給湯、給水など、すべての配管を更新して、今後30年以上は
    手をかけなくても、いいようにできます。
    全ての配管を更新する工事ですと、 当社の過去の実例からみても
    延命対策工事と同程度の費用になるケースが多いのです。
    これに ついては 実例からの試算をごらんください。

画像の説明

  • 当社は マンション改修工事では わずかな仕上げ工事をのぞいて、
    すべて自社の作業社員で施工いたします。
    ーーーーー>私たちの思い
    このことが 私たちが考える 安全、安心です。
  • 大規模マンションの改修に関連する、室内工事作業は個人住宅の修理、
    改修工事より、さらに細やかな配慮が必要なのです。
  • そして、周囲のお宅や共用部分との関係がより入り組んだシステムであることから、
    総合的な判断を加えた計画、施工をしなくてはいけない。
     

画像の説明
当社は安全、安心,確実をモットーに施工します。
当社は 細かな配慮考えた、施工をします。
当社は多くの施工経験をもち、十分な改修計画をご提案できます。
どのような小さな設備の困りごとでも、ご相談ください。
設備の保守、修理、修繕も御問い合わせください。

工事の施工可能範囲は愛知県に限らせていただきますが、
当社の施工した改修工事の内容や、工法についてのお問い合わせは
できる限りご返事いたします。
画像の説明
お問い合わせは電話052-774-2851
画像の説明
画像の説明

}}

powered by Quick Homepage Maker 3.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional