マンションの設備の改修を研究、実施施工しています、

修繕日誌1

MenuBar

修繕のいろんな事例を記録しています。皆様のお役にててればと思い作成しました。修理のデータベースを目指しています。

画像の説明
便所の床から 水が出てきた、
木造の建物で兼用便器です、床のタイルの間から水が
しみだしてきたとのこと、
便器と排水管の接合部分が外れて 漏れているようです、
お客様の依頼で この際洋風便器に交換したいとのこと、
床をこわして、配管を沈下しているのを修理して、砂でうめて
タイルをはりました、便所の奥行きが1.2mしかないので、コンパクトタイプの便器を利用します。  費用は 約18万でした。
画像の説明
ベランダが大洪水
マンションの管理組合さんから 電話で、ベランダの水が
溢れています、かけつけると 雨どいが排水してないようなので、
ワイヤーで洗浄すると、錆びのごみがぎっしり、
口径が5cm程度のため、詰まったようでした、
筑後24年、雨水管が鉄管のためでほとんど錆びています、
たたくと崩れて穴が開くほどでした。後日マンションの全戸交換
依頼がありました。
画像の説明
駐車場が水びたし
朝早く 事務所ビルのかたから 電話帳でみて電話があり
駐車場が水浸しでみてほしいとのこと、
いくと 駐車場の床が道路よりすこし低くなっており、
雨水をポンプでくみあげているようでした。
ポンプがどこにあるかわからないので、
取りあえず会社に帰り、汲み揚げポンプと、排水ホース
をもってくることにする。
そして 水を排出してから 雨水溜め桝のマンホールをあげると
ポンプがみえた、修理不能のため交換することになった。
ポンプが到着するまで、仮ポンプで運転してもらう、
画像の説明
床下で汚水があふれる
木造の家で 床下がにおうのでみてほしいとの電話
外の桝をみると 便所からの水がすこししかながれてこない
高圧洗浄機で 外部の桝か 便所にむけて洗浄するが、
かたくなっており 2時間以上かかって洗浄する。
画像の説明
浴室の壁や床から水がしみている。
浴室の 壁から水がしみてくる、家のかたはこれは
浴室の壁を壊すことになえうと覚悟されてみえたが、
よく調べると、シャワー水栓の壁にねじ込まれている
部分から 裏側へ水がおちているようです。
器具をいったん外して、再取り付けをすると水がでなくなった。
画像の説明
ポンプが水没、240世帯が夕方4時間断水,
いつも 小さな修理を 依頼される管理人さんから 土曜日の夕方
電話があり 地下のポンプ室におりたところ 床上浸水しているがとの電話、
何か大きな事故のような感じがして、直ちにそのマンションにいきました、
地下へ降りると 床上浸水どころか、汲み上げポンプが水没しています。
あわてて 管理人さんに 水槽はどこにあるのと、聞くと
地下にあるはず、 ピンとくるものがあり道路に 走り
引き込みメータを探しました、けれどもそこには止めるバルブが
見当たらず、うろうろしてると近くにバルブのような
マンホールがあり、あけると確かにバルブです、
ところが 今度はバルブのハンドルが深くて、手が届かない、
金属のパイプを探してきてやっと、バルブをしめた。
地下へ 戻ると 水の上昇はとまっており、とりあえず安心する、
しかし ポンプは完全に水没、電気盤も停止して、真っ暗です。

それから 汲み上げポンプを4台セットし、くみ上げるが
全部の汲み上げに4時間以上かかり、そのうち全戸の断水が始まり、
夕方遅いロビーは大混乱、くみあげてから
電気系統の盤を 住民宅のドライヤー7.8台で乾かし
おそるおそるポンプを運転すると、回り始めた。そのうち水も復旧しました
全ての片付けが終わったのが 深夜2時、大変な夜でした。
原因は 受水槽のボールタップの故障で地下のポンプ室に水がはいりこんだことです。
排水ポンプがあったが流入に追いつかず、水没した、盤が停止して万事休すでした。
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 3.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional