マンションの設備の改修を研究、実施施工しています、

管の種類(2)

マンション設備の使用材料
画像の説明
画像の説明
マンションの給水設備に使用される部材、管と継ぎ手

  • 水道用硬質塩化ビニールライニング鋼管
    1970年代までは 亜鉛メッキ鋼管が使用されていました。
    赤水の発生問題などがあり 塩ビライニング鋼管が使用されるようになりました。
    鋼管の内側に塩化ビニールをライニングしたものです。
    もともとの鋼管の種類によって2種類あります。
    メッキ鋼管と黒管(メッキ無し)にライニングしたものです。
     
  • ライニング鋼管にしようされる継手の種類
    画像の説明
    左側が現在使用されています、コア内臓継手の内部構造です、
    ねじを保護する樹脂製のスリーブとOリングでねじへの水の浸入を防いでいます。
    内側と保護部分はすべてビニール樹脂で射出成型してあります。
    マンションの設備更新工事でも ほとんどこの継手を採用しています。
    この継ぎ手(管端防食コア内蔵)は1984年に発売されました。
     
    右は 古くから使用されている給水継手です、継手の内側にエポキシ樹脂が
    コーティングされています。 ねじ端部を保護する
    ようにはなっていなので、現在管端部腐食の問題をひきおこしています。
    ネジの谷部分は 本来の管の厚さの 半分以下(42-49%)の厚みしかありませんので、
    更に腐食に輪をかけることになります。
    現在では ほとんどつかわれていません。
     
    下のスケッチで 赤く塗られた部分が ネジ部でさびやすい鉄部露出部分です。
    左が 現在使用されている コア内蔵継ぎ手です。
    画像の説明
     
  • 給水用ビニール管
    画像の説明
    1950年代ころから使用されています。硬質塩化ビニール管です。
    ビニール管は腐食や劣化に優れ、施工性もよく、築40年以上経過しても
    ほとんど劣化していません、
    特に耐衝撃塩化ビニール管は 通常ビニール管の4倍程度の強度をもち
    コストも安く現在でも 多く使用されています。
     
    設備更新工事においても 地中埋設、居室内部などで 使用されています。
    居室内(占有部)の給水管はビニール管か、あとで述べる樹脂管がほとんどです。
     
  • ステンレス管について
    ステンレス管が万能のようにいわれて よく検討されますが。
    水道管に使用する場合は少し注意点があります。
     
    1.ステンレスは 不導体皮膜(錆の皮膜)で腐食が進行するを防いでいるが、
    水流などによりその皮膜が破壊され孔食腐食がおきます。
    2.薄肉管が使用されるため、強度、部分腐食、応力腐食に注意する必要がある
    3.異種金属との接合から 電池形成腐食がおきやすい、
     電位差の大きい金属、鉄などとの接合は不可。
    電位差における腐食はこちらをーーー>ステンレス異種金属との電池腐食
    画像の説明
    上の写真 左側は孔食で管に ピンホールの孔があいたもの、
    右側は 応力腐食により 継ぎ手部分で破損、漏れをおこした。
     
    構造体の鉄筋などに触れるとやはり電気腐食がおきる。
    ステンレス管が 他の金属、鉄など、(砲金類は電位差がないので、接合しても問題ない)
    から絶縁された状態を維持しないと問題が発生しやすい、
    ステンレス管を完全に絶縁区画して、さらに
    管内の流速を低く抑えることができれば、
    50年以上の耐用年数があるといわれている。
    これはかなりの施工の丁寧さが要求される。
    室内部分などの口径が小さい管は現在では樹脂製管が発達しているので
    コストの高いステンレスの優位性がない。
    ただし 共有部分などの 太い立て管などは 
    ステンレス管の優位性が発揮できる箇所である。
    高性能ポリエチレン管は −−−−>管の種類(4)
    ステンレス管が 普及しない原因は コスト高だけではない。
    電気接触腐食や不導体皮膜欠損 に対して 丁寧な施工が要求されるためでもある。
    ただ、使用区域を限定して、絶縁対策を施した場合は
    その優れた性質をいかして、コストと施工性を比較して、使用するとよい。
    画像の説明
    その他の管の種類や工法は  管の種類(3) をごらんください。
     
    排水管の種類はーーーーーーーマンション設備の使用材料
    樹脂管、排水集合管はーーーー>管の種類(3)
    新しいポリエチレン管は ーーー>管の種類(4)
    給湯管について 管の種類(5)

powered by Quick Homepage Maker 3.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional