マンションの設備の改修を研究、実施施工しています、

各戸検針とは

画像の説明
画像の説明
最近 よく採用されている 水道料金の検針方法のひとつで、
マンション(賃貸、分譲問わず、集合住宅です)の各戸の使用水道料を 各戸のメータごとに 
水道局が検針して、料金の請求業務もすべて 
各戸ごとにおこなうシステムです。マンションの管理組合が
介在する必要がないため 管理のわずらわしさがないなど多くの利点があります。
ここでは 名古屋市水道局の基準についての 説明です。

各戸検針メーター設置工事とは、名古屋市の例

  • 従来名古屋市では、マンション・アパート(共同住宅)の場合、
    基本的には建物ごとに名古屋市上下水道局のメーターを設置し、
    そのメーターに基づいて一括で水道料金を徴収していました。
    各住戸で徴収して欲しい場合には、集中検針という方法がありました.
  • 集中検針装置は初期費用が高い(さらに8年ごとに設備の更新をしなくてはいけない、
    その費用も高い!)
  • 建物一括で徴収の場合、多くの建物では各住戸に設置された私設
    (名古屋市のものではない)メーターの指針を基に、
    管理組合・管理会社によって集金されていました。
    しかし、”検針の手間が掛かる” ”水道料金の根拠が不明瞭”
    という声が多く聞かれました。
  • 平成14年度から制度が改正され、
    集合住宅でも一定の条件を満たせば各住戸ごとの、
    検針・請求が可能となりました。
  • 各戸検針・徴収を行う為に、名古屋市上下水道局のメーターを設置
    できるようにする工事が;各戸検針メーター設置工事です。
  • 既存の共同住宅でも 改造することにより可能です。
  • 各戸検針方式が採用されてからは 新設共同住宅では
    集中検針方式は ほとんどなくなりました。
    また 集中検針装置の8年ごとに メータ交換時に各戸検針に移行
    するマンションがおおくなりました。
  • 詳しくは 名古屋市水道局にて お問い合わせください。
    名古屋市上下水道局
     
    写真の右側に メータユニットと自在継手が設置されています。
    画像の説明 

適用の条件、範囲(水道局しおりより)

  • 民間の住居専用集合住宅である場合に限ります。
    店舗、事務所などの非住宅部分を含む集合住宅については、お取り扱いできません。
    ただし、非住宅部分が住宅部分と別々の給水装置となっている場は可能です。
  • 新設のほか、既設集合住宅の改造によることもできます。
    いずれの場合も上下水道局への工事申請が必要です。

適用の技術的な要件

  • 上下水道局の定める技術上の基準を満たしていることが必要となります。
  • 給水装置や受水槽以下の給水設備が給水工事施行基準に適合していること。
  • パイプシャフト内などの各戸メータまわりの設備(各戸装置)が
    各戸メータ設置基準に適合するよう設置されていること。
     

改造にかかる おおまかな費用、実際の条件

  • 上記の水道局条件を満たすために メータ周りを改造する必要があります。
    この金額は 1戸あたりおおよそ 5万円から、6万5千円程度になります。
  • これは 名古屋市水道局の指定するメータユニットという部品が 約29000円します、
    このほかにフレキシブルジョイントが 2組で約7500円です。
    上記部品を新しく配管改造をして、組み込む必要があり、
    必然的に費用が高くなります。(この部品は市の指定品)
    メータユニットの参考
  • 費用のほか メータが設置されている パイプシャフトの幅が約60cm程度が必要
 
画像の説明

これは古いマンションにとっては、
ハードルが高いようです。
このあたりは 条例の運用で
相談できる部分もあり、
水道局に事前に現地を
みにきてもらうことができます。
左の写真は 各戸検針方式に変更された
パイプシャフトの写真です。
とても 狭いシャフトでしたので
事前に水道局との 打ち合わせおよび 
実際に仮設置して確認後施工しました。

  • 各戸検針になりますと、それ以降メータの維持管理は 水道局によっておこなわれ、
    8年ごとにメータを交換して管理してもらえます。
    ですから メータに関する 費用は発生しません。
    参考法令−−水道メーターは、計量法の定めるところにより、
    8年間に1回、交換することが必要です。
     

とても狭い場所での各戸検針の対応と工夫

既設マンションで 各戸検針にしたいが 狭くてできないが なんとかなりませんか、
という 問い合わせがとても多いので。そこで
どこまで 対応できるか実験してみました。
現在(2008-7) とても狭いパイプシャフトでの 各戸検針対応工事をおこなっています。
まだ 認可がおりない状況ですが、かなり工夫して設置を研究しています。
完成次第 掲載いたします。各戸検針への対応
画像の説明
お問い合わせは 画像の説明 電話052-774-2851

powered by Quick Homepage Maker 3.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional