マンションの設備の改修を研究、実施施工しています、

ローコストホテル設計

画像の説明
画像の説明
当社が 1997年に 東京のあるホテルチェーンが名古屋進出の際、
依頼されて提案作成したシステムです。
ビジネスホテルのローコスト作業に取り組み、その手法で設計製作された
ホテルの設備の方式や概要をご案内します。
 Tイン 名古屋駅前  104室
 写真は


  • 当社が最初に設備プランを提示してその設計により
    ローコストに成功したホテルです。
    シンプルな設計プランにより、資材、資源の節約にもなります。
    コストダウンは建築全体を含め25%にも達しました。
  • 大きな主眼は配管のプレファブ化、流量や風量の最適化による設計。
    機械室ユニットのパッケージ化です、給湯システムの運用の簡素化、
    配管などの材質も検討されています。
  • この設計手法によれば 従来の設計がいかに過大なものか理解できます。
    過去のホテルの運用実績から最適化された数字は驚くべきものでした。
  • 過去のホテルの設計が無駄の上に無駄を重ねて,さらに安全と称して
    何倍もの過大なシステムになっているのです。
  • プレファブ加工により ベテラン工でなくても工事の80パーセントは
    手元工などによる工場作業でまかなえることが可能になりました。
  • また 建物に占める設備のスペースもすくなくてすみ、
    システム全体をシンプルにできます、シンプルにすることは
    その設備の運用、メンテナンスが簡単になります。
    無駄な配管ロスを防ぎ省エネになります。
      これ以降当社に依頼された 東海地区での施工例を下記にしめします。

  1. ホテルエコノ四日市       当社設計 工事は地元業者
  2. キャッスルイン玉垣       当社設計施工、大浴場を含む
                  機械室ユニットも当社製作
  3. 名古屋ビーズホテル’ 設計はすべて当社 ホテル部分及び機械室ユニットの施工当社、

概略系統図はこちらをクリック

この設計手法にご興味があれば 当社までお問い合わせください。

  • 我が社のような 小さな会社が あのホテルチェーンの設備の基幹部分を
    作成したことに不思議におもわれるかもしれませんが、
  • プランを提示して採用されて実際に施工いたしました。
    各室配管ユニットの製作からボイラユニットまで,
    すべて名古屋で製作されました。
  • 完成後の設計フィードバック、運用データも集計いたしました。
    当社では そのデータを基に、更に洗練された設計を以後のホテル工事にいかしました。
     詳しくは 詳細な実施データをみていただいてから ご検討していただきます。

技術の根幹にかかわる内容は 正式な契約後に提示されます。
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 3.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional