マンションの設備の改修を研究、実施施工しています、

ステンレス異種金属との電池腐食

管の種類(2)
ステンレス管の異種金属との接触
異種金属の接触によって起こるガルバニック腐食とは
一般的に電位の異なる金属を水等の電解溶液中で接触させた時、
より電位の卑な金属が腐食する現象をガルバニック腐食と呼んでいます。
ステンレス鋼や銅は比較的貴な電位の金属に属し、
これに対して鋼(鉄)や亜鉛は卑な電位の金属に属します。
従いまして、電解溶液中でステンレス鋼と卑な金属の炭素鋼等を
接触させると、電位差が大きくガルバニック電流が生じて
炭素鋼の方が腐食することになります。
こちらの サイトに詳しい説明があります。
ステンレス協会配管システム普及委員会
http://www.jssa.gr.jp/greenpipe/g_report/main01.htm

powered by Quick Homepage Maker 3.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional